Cay Bahce

アクセスカウンタ

zoom RSS 訃報。

<<   作成日時 : 2006/10/06 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


最近の出来事。
会社の夫からメールが届きました。

同期が亡くなったとか。
死因は公表されてないとかで。
以前居た社宅に居た事があるそうで、私ももしかしたら面識ある方なのかもしれません。
夫はそんなに親しくなかったけれどやはりショックだったらしく…。
ここには書けないけれど、もしかしたら…?なんて事もあって。
勿論それは想像の域を出ないのだけれど。

人の生きしにはさまざまだけれど、こうやって近い、そしてまだ若い人が亡くなるのは、なんとも複雑な気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私の会社でも、最近20代の人が亡くなりました。
ある情報では○○だったとか・・・。
過去にも、3人、仕事がらみで顔見知りの人が亡くなってます。
大きな会社とはいえ、他界する確率が高いよな〜、と複雑な気分です。
(スミマセン、暗いコメントで。削除されてもOKですよ)
MOBI。
2006/10/15 16:55
++ MOBIさん ++
20代で、ですか…。それは残念でしたね。
お悔やみ申し上げます。
夫たちの間では、おそらくその方と同じものなのではないかという話になっているそうです。
うちの事業所も、これだったのではという方が多いそうで、なんとも複雑です。
勿論人員も多いのですが。
今までの生き方そのものを問われるものでもあるそうですから、当人にとっては、そして周囲にとっても大変なものかと思います。
(専門書などによれば、メランコリー親和型、という性格傾向の人がなりやすいそうです)
もし自ら選んで、という事だとしたら、それは自分だけでなく周囲にも大打撃を与える行為だという事を知ってもらえていたら…と思わざるを得ません。
自ら人生において重要性の高い事を決めて行動してしまう、というのはこの最中にはもっともやってはいけない事だとされていますが、当人にはそれすら見えなくなってしまうのでしょうね。
今回の事は、実際が判りませんが、もしそうだとしたら本当に残念な事だと思っています。

きらら
2006/10/16 09:50
追記というか、補足です。
年配者によく見られるメランコリー親和型とはまた違った、若い人に多いディスチミア親和型と呼ばれる性格傾向の方が最近増えてるそうです。
ご存じかもしれないんですが(^^;)ゞ
きらら
2006/10/16 23:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
訃報。 Cay Bahce/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる