Cay Bahce

アクセスカウンタ

zoom RSS ちと壊れてます。

<<   作成日時 : 2007/02/10 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

先程まで家計「やりくり力」養成講座という本でお勉強しておりました。
感想としては。

うが〜。

ほんの趣旨としては「企業会計でいう『保守主義の原則』をベースにした家計管理の方法」が書かれたもの。
余剰のお金が出たら、それはボーナスなんですよ♪という感じ。
確かに間違っては無いと思う。個々の数字は色々あるにしても。
そのとーり。
でも。

なんか人生虚しくなってきた〜(泣

とにかく稼いでほそぼそ老後まで見据えてやりくりしましょう♪ってな感じ、というのかしら。
この通りに計画が進めば破綻も無い代わりに変化も無いというか。
イベント入れるとしたらそれなりに費用も見繕わなきゃいけないけれど、色々考えていくと老後恐ろしくてそんなコトできね〜!って感じに思えてきて、無難な路線で抑えようとすると至極平坦、働いて食って寝る!終わり!みたいな生活になってしまうような…。
余剰ってそう簡単に言っても、今の時代賃金が下がるのはよくあっても上がるのは至難のワザ状態だしなぁ。民間は。
経営者が株主を過剰に重視してる事もあるんだろうけど、あまりに社員に還元しないと結局内需拡大できなくって困ると思うんだけどなぁ…と漠然と思う今日この頃、ですが。

あっと。話がずれました。

勿論ライフプランっていうのは今見当の付くお金のフローチャートを一切合財出してみてどうしようか計画するとか、定期的にアウトプットする事でそのつど考えてく羅針盤的なモノだと思うんだけど、最近の日本全体の賃金の推移とか、少子化問題年金問題、ワーキングプアだとか…。
以前TVだかなんだかで自分達の年代が「バブルの頃はまだ子供、就職期には氷河期、人数も多く割に合わない世代」なんて評されてたけど、確かにな〜老後もこのままいくとショボそうだな〜なんて思ったら余計にフェードアウト気味に(^^;

いかんいかん。
まずは冷静に見極めねば(汗
落ち着けワタシ!!

格差社会が叫ばれて久しい昨今だけれど、ここに引っ越してもう数ヶ月したら一年。
確かに格差ってあると思う。
例えば医療ひとつ取っても、以前住んでた所では妊婦だとホント大変。
生むことが出来る施設は市内2箇所だけ。
老年人口が多いのかデイケア系はやたらとあったのだけれど。
「老後は住居費の安い田舎に引っ越す」
なんて提案もあったけど、これってどうかなぁ…?
住居費は確かに下がるけど、都市ガス無かったりするから結構光熱費響くぞ?
今なんて以前の所の半額以下だもん。ガス代。
田舎過ぎると微妙かも。
交通だって全然違う。
今住んでる所はひっきりなしにバスも電車も来て困る事はないのだけれど、むこうではそうはいかない。
路線によっては昼間一台も来ない時間帯だって結構ある。
この本には「車はぜいたく品」と評されてたけど、これは都会でのみ通用する言葉。
無いと生活ができないし、若い夫婦でも2台持ってるのがデフォルト、という感じ。
(うちは1台だけでしたが)
例えばうちの場合、普通のスーパーが数キロ先、でした。しかも坂道(笑
歩くと片道30分以上。
田舎と都会両方住んでみた私としては、ちょっと「?」的な要素もちょこちょこありはしたものの考え方を学ぶ上で参考になる本のひとつ、だったかな。

おっと話がどんどんずれていく!!
収入とか利便性という意味では、暗い話題が多い昨今とはいえ今の状態はとっても助かるから、子供を持つ事にちょっと希望もあるのだけれど、資金繰りを考えるとちと怖くなってきました。
住まいだって、トータルで考えると条件がよければ一番リスクが少ないのは一戸建てだけれど、今の時点で払えるか否か、という視点で見るとこれもまた漠然と怖くなったりして。
とはいえ、賃貸だってここは高いからどっちも似たようなもんなんだけど。
嗚呼、これも統計マジック?!

最近になって夫の方が子供を持つ事に前向きになってきたのに、今度は私が不安に。
あ〜セロトニン減ってきたか?
なんか壊れかけてます(^^;
数日後には多分復活するんだろうけど。
とりあえず正確な数値出してみよう…。それからだ。うん。

みなさんはライフプラン、時折立ててチェックしていますか?

余談ですが。
「なんだかなぁ〜」モードでネットサーフィンしてて見つけたサイト。
消しごむ彫るなら
なんか脱力してる感じがワタシ好み。
100問の質問がちょっと同感、でした。
消しゴムはんこ、確かに彫った後持て余しちゃうんだよな〜(笑
だらだらっとしたのがお好きな方は覗いてみてもいいかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
賃貸VS持ち家。
薬の成果が出てきたのか、だいぶ耳も良くなってきました。 ちょっとばかり「バリバリ」なんて音もするけど(笑 おそらく耳穴に空気が通る音なんだろな〜。 そんな中、今度は夫がダウン。うつっちゃったみたいです。 という事で本題。 ...続きを見る
++ きら*ら Blog ++
2007/03/17 00:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん、難しいね(笑)
正直、先のことはわからんよね。
だいたい、30年後、日本がそのまま日本として継続しているかどうかも、怪しいと思う。借金だらけだもんね。

日本経済が破綻したときに、生きていける力があるかどうか。それを考えちゃうよ。

子供も無計画に3人も産んでしまい、家だって無謀なローンを組んで買うことに決め、この先、どうなっちゃうの?って感じだけれど、人生、先のこと考えすぎたら、何も動けなくなると思う。

それに、人生いつ死ぬかわからないじゃん。長生きすることだけ考えて、守りに入ってしまって、それで楽しい人生ならいいけれど、そうじゃなかったら、ちょっと寂しいかな、なんて。

なるようになるのよ、考えすぎちゃだめよ〜
chako
2007/02/14 18:52
++ まげ ++
はは。確かにね〜(^^;
大前春子みたいに「日本が潰れても生きていける自信がある」ってな状態になるには相当覚悟要るよなぁ(笑
(台詞が間違ってたらスマソ)
ここに挙げた本は初心者向けみたい。
某サイトで褒めちぎってたから読んでみたんだけどさ。
内容的にはあちこち巷で言われてるコトだったりとか。まぁ表とかが載ってるから参考になるけどね。
現実にそくして…となってたけど「んな都合よくいくかよ」みたいなのもあったし(笑
そういう意味では内容は浅い。
経済誌とかの方が有益かも。って、ここで紹介しておいてなんだけど(汗

あんまり守りに入ると生きてる醍醐味が減るよねぇって気がするんだよね。私も。
ただ、色んな制度だとかは子供ありき、で設定してある事がすごく多いから、やっぱり居た方が後々いいだろうなと余計に思った。
年金が減るっていっても、皆減るわけだから今の水準の物価指数には事実上なれないだろうなって気もするしね。なにせ我ら数が多いから(笑
後はどう夫を処理するかだ〜(笑
これが難問。
きらら
2007/02/18 16:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ちと壊れてます。 Cay Bahce/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる