Cay Bahce

アクセスカウンタ

zoom RSS 怖すぎ。

<<   作成日時 : 2011/11/18 22:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

きゅべの事を記録として生地にしようかと思ってましたが先にコチラを。

というのが某授乳室での話。
インフルエンザの予防接種(私が受けた)の帰り、授乳室へ立ち寄りました。
でも飲まなくても大丈夫そうだったので、抱っこ紐を解いて休ませることに。

そしたらば。
子供の号泣が。

そりゃ〜泣きますわな。
だって片手引っ掴まれて引きずられてるんだから。
御年推定2歳位の女の子でした。

オイオイ肩脱臼するぞ!

とその光景に唖然としていたら・・・そのお母さんと思しき女性。

子供をおむつ替え台へ放り投げました。

ええ、放り投げたんです
片手にはベビーカーを押し、胸には0歳児と思われる子供が引っ付いてましたが、それ違うだろ…!

コイツ普通じゃね〜っ!

きゅべが居なければ多分私注意してたと思います。

でも、膝の上にはきょとんとした首もまだ十分に座ってないきゅべ。
何か言ったら訳判らない事されるかも?というのと他に誰もいない事もあり、すっかり迷って退散してしまいました。
注意したことでその矛先がその女の子に向かわないとも限らないし…。

でも、やっぱり言った方が良かったかも。
なんてビビリなんだ自分orz

以前住んでた社宅の近くのスーパーでも、子供より大きな金切り声で怒る母親なんかが居て「お前の方がうるさいんだよ」なんて思った事もありましたが、なぜあんなふるまいするんだろう?
確かに子育てって大変なんだろうけど、それとこれとは別なんじゃないかな、って思ってしまいます。

余談ですが、まだ2か月だから、なんだろうけど意外と子育て苦痛じゃないです。
睡眠不足は勿論だけど(完母なので特に)思ったほどきつくもないし、泣き顔もきゅんきゅん来ちゃうぐらいw
怒りでギャン泣きの時なんかは何故か笑いたくなってしまいます。 ←オイ。

なので単にそう思うだけ…なのかなぁ?

おっと。
キュベが起きそうです。鼻息が荒いっ。もう時間か?!

こういう時ってやっぱ見て見ぬふり…が多いのかなぁ??
皆様だったらどうするでしょうか?

ぽちっとな♪ ←もしよかったら押してやってくださいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ←コチラもよろしくなのです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
お疲れ様です。

私も・・・。
解らないな〜。
注意して「しつけです。」って言われたらそれまでだし・・・。
私だけならもしかしたら声かけるかもしれないけど・・・。
もし、自分に子供が居たら逆切れされて子供に何かされたらイヤだし・・・。
綾瀬祐子
2011/11/19 10:56
いろんな親がおるけんね〜でもね、放り投げたくなる気持ちもわからんではないかな〜子供一人のときと、二人のときとじゃ、育児に対する余裕ってまったく違うから・・・

特に魔の二歳児と、手のかかる0歳児の組み合わせは最強。自分のこれまでの人格を変えなくては対応しきれないくらいのこともある。育児ってきれいごとじゃないんだな・・・って、本当に思うよ。

だからそういうときは、そっとしておいて正解。きっと彼女も、どこにでもいる普通の母親。公共の場で泣き叫ぶ2歳児に、一番泣きたいのは彼女だと思う。そこで何か言っても、彼女を追い詰めてしまう気がする。彼女自身が一番わかってるはずだから・・・もちろん、明らかに子供のケガだとかにつながる場合もあるから、そういうときは、注意ではなく、「お手伝いしましょうか?」って言えるといいんだけど、自分も乳飲み子がいたらそういうわけにもいかないしね。

難しいよね。
chako
2011/11/19 19:58
はい。
怖い
というのは客観視されてますね
同じ
母として見た時、
(大変ですねニコッと)優しい表情で手を差し伸べてみては?

1人育てるのと2人連れとは全く違いますよ(笑)

まぁやってみないとわからないでしょうけど

過保護になりすぎないようにね(笑)

らん
2011/12/06 12:28
綾瀬祐子さん
そうなんですよね。
しつけと暴力って何故か同居してるというか…。
勿論人によりますが。
声をかけようにもオーラが怖すぎました…。無表情だし。
きらら
2011/12/06 13:06
まげ
脳内でどう残虐な事を想像しようが本人の勝手だと思う。
でも実際やっちゃうのと思うのとでは違うと思うんだよ。
ここではあえて記述しなかったけど(背にしてたんで)ベッドにたたきつけられた後叩かれてたんだよその子…。
親も無言で…こう、つい切れちゃったとかいう雰囲気でもなく。
勿論子供は悲鳴あげてました。
怒鳴ってりゃまだ「冷静さ失ったか」とも思えるんだろうけどね。
入ってきた時も無表情だったし。
つか、どう最強だろうがそれを選んだのは自分だし、それって子供からの視点が抜けてね?
子供こそ逃げ場ないと思うんだ。
我がまま言うのはその年の子供の仕様だし、前頭葉がまだ育ってないんだしさ。
それにその状態では恐怖が先に立つだけで何も解決しないと思う…というのは理想論かなw
無論それをどう料理するかが難しくもあるからこそ悩むんだろうが。
それこそ市でも買い物なんかでの一時預かりのサポとかもやってるし、登録さえしてればいつでも利用できる訳だし、なぁんで無理に特攻してイライラぶつけてんだ?
…とつい思ったわけですわ。
ま、急に思い立って出かけたのかもしれないけどね。
私自分に対しても客観視する事少なくないから。

某子育て終了した知人から「子供を叩く時はその子の為を思って叩くわけじゃない。単に自分の思い通りにならないからなだけ」と言ってたのが今も強く記憶にあってね。
そういう場面に出くわすと(滅多に出会わないけど)それを思い出すんだよ…。
きらら
2011/12/06 13:30
らんさん
書き込み有難うございます。
らんさんは2人以上の子育をされていた方なのでしょうか?

そうですね。この場合の「手伝う」は一緒に殴る…でしょうかね?
背後で行う音を聞いただけですのでここではあえて書きませんでしたが、おむつを替える様子はありませんでしたので。
というか、私の存在も気づいてないようでした。
子育ては何かと主観的になりがちとは思いますが、そうであるからこそ客観的な目も大事だと私自身は思っています。
こう書くのもなんですが、身なりも若作りのストパーをきっちりかけ、化粧もばっちり…な方だったので子育てに限界をずっと感じていて…という雰囲気には見えなかったのもあります。
身なりでいえば私の方が余裕ありません的な感じにみえるでしょうねw
月齢が低いので美容院にすら行けませんし。
総ての体罰を否定するわけではありませんが(手を叩くなどは普通にあると思います)ベッドに投げつけた上に叩く、は単に憂さ晴らしをしているようにしか見えませんでした。残念ですが。

そうですね。
少なくとも過干渉な親にはならないよう精進する予定です。
きらら
2012/01/17 14:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
怖すぎ。 Cay Bahce/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる