Cay Bahce

アクセスカウンタ

zoom RSS がっ…ガンシュすか?!

<<   作成日時 : 2016/04/05 22:05   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

前回のコメント欄にちと書きましたが、あれから気管支炎に移行したワタシめ。
まだまだ完治の道は遠いっす。
で。

先日息子っちがお昼寝中に植物の手入れをしておりましたら…。

ロココ(つるバラ)の株元に怪しげなコブハケーン♪

…これはもしや。
イヤ、きっと。

これは世にいう癌腫なんぢゃねーのかっっ?!!


あわわわ。

触ってみると確かに力入れたら取れそうな感じ…。
なんか弾力があるよーな気がしないでもない。
この根元にこの脹らみは不自然だよな?

他の株もあわてて確認。
らしきものは見当たらず…。ほっ。

いーやほっとしてる場合じゃねえだろ自分!

ちなみに。

癌腫とは

根や地際茎部、接ぎ木部に、表面がごつごつした大小さまざまなこぶを生じる。こぶは初め白色で、徐々に乾固して黒褐色のざらざらしたこぶとなり崩壊する。侵された株は周囲の株に比べ生育が若干劣るため、次第に競争に負けて、枯死する。

引用;タキイ種苗株式会社

だそーで。

原因の菌は何処にでもいる「アグロバクテリウム ツメファシエンス」という細菌の一種でDNAを書き換えるんだそーで(ウイルスみたいw)一般には使った器具は消毒、及び本体は焼却処分、土も地植えの場合結構な範囲を同様に処分らしい。
中には初期なら削って消毒すれば治るだの、実はほとんどのナーセリーで感染してるし果樹なんかはほぼ皆感染してるんだから大丈夫だの諸説あるようです。

どれが正しいのかさっぱりではありますが、同じぶっとい枝&大き目の葉ののコラーユジュレ(半つるだったような気がする)のわしわしっぷりに比べるとつる性で強健だという割になんか足りないような…?
あちこちのサイトでちらっと手に入れた情報に沿って今年一年は鉢で過ごしてもらう予定ではありましたが、(性質を知ったり病気防除の為らしい)それにしてもどうしよ〜orz

やっぱ処分しかないのか??

初癌腫なのでどうしていいのやら思案中。
でもまだ生きてるんだもんなぁ…
器具(はさみとか)を共有できないから面倒だけどさ…。

というのもあるが。

高かったしっっ!!!

うう。

この所関東は雨が多くてあまり手入れできてませんが、他のバラたちは元気なようです。
土地柄風が強い日が多いせいか、虫もそこまで近づかないよーで。

クレアオースチンと国色天香はつぼみハケーン。
特に後者は裸苗だった事もあり一番葉の展開が遅いのだけど、もうつぼみとは。
大丈夫なのかオイ。
クレアはベイサルシュートと思わしき枝がびょ〜ん、と伸びております。
他のはまだよく眺めてないので分かりません。
只、地植えのアークトチス(キク科)には早速アブラムシが居たので気は抜けませんが。
(最近バラしか書いてませんが、ビオラだーのチューリップだーの草類(って言うのか??)や他の果樹なんかも実はあったりする)

毎日息子っちに花をむしられつつ、今日もみな綺麗に咲いてくれております。
あ〜癌腫無ければもっとよかったのになぁ…。

ぽちっとな♪ ←もしよかったら押してやってくださいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ←コチラもよろしくなのです。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
がっ…ガンシュすか?! Cay Bahce/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる